くま太郎日記

25歳はじめての妊娠・出産・育児

出産レポート!!≪初産≫

f:id:kumataro67:20210528222053p:plain


こんにちは!くま太郎です!

 

出産からもう大分経ってしまいましたが、これ以上忘れてしまう前に出産レポートを書き記しておきたいなと思います。

 

スピード安産目指して色々やっていましたが、結果的には陣痛促進剤を使ったうえでの吸引分娩となりました(・_・)

 

 

 

 

 

陣痛の始まりは生理痛のような痛みから

出産の前日にラズベリーリーフティーを求めて隣の駅まで繰り出していたんですけど、帰ってきてお昼ごろからずっと下腹部にずどーんという感じの痛みが!!

 

すでに予定日から5日過ぎていたので「やっときたか!!」って感じです。

 

その日はなかなか早歩きをしていたのでそれが効いたかなと!

 

0時になる頃には定期的に張り始めていて、来たと思ったらゆっくり深呼吸するようにしていました。

 

2時から陣痛カウンターで痛みの間隔を測り始めたんですが、その時点でもう7分間隔に!!

 

病院へ向かうレベルの間隔でだいぶ痛かったんですけど、「陣痛ってこんなもんじゃないだろう」とまだ耐えられるくらいでした。

 

病院へ行ってもコロナで誰も付き添えなかったので、ギリギリまで家にいたいなと。

 

朝8時まで耐えてから連絡して病院へ。

 

 診察してもらうと子宮口が7センチ開いていて、

”すぐに産まれるよー”と言われたんですが…

 

陣痛促進剤からの吸引分娩

先生も助産師さんもお昼には産まれるなと思っていたそうですが、

14時を過ぎても状況は何も変わらず…。

 

陣痛促進剤を使うことになったんですが、急激にお産を早めるのでリスクもあるということで同意書にサインをしました。

 

「同意書…なんかこわいなあ…」

 

たまに助産師さんが様子を見に来てはくれましたが

基本的には部屋に1人で陣痛と戦い、とーっても心細かったです。

 

15時くらいに促進剤を打ち、16時くらいに子宮口が全開になったんじゃないかなと思います。

 

ここら辺は何時とか気にしている余裕がなかったです。

 

全開になってようやく分娩台へ移動することができて、10回程いきむと産まれてきてくれました!!

 

分娩台に移動してからは破水させて会陰切開し、お腹を思いっきり押されながらの吸引分娩スピーディーでした。

 

分娩室へ移る前の子宮口が全開のときは尋常じゃないくらい子宮がギューと収縮してる感じがして「はち切れるんじゃないか!!」と部屋で1人怯えていました。笑  

 

腰もガンガン割れちゃいそうなくらい痛かったんですけど、分娩室へ移動すると「さあ産むぞーっ」て気持ちで痛いとか全然感じなくなったんですよね!

 

不思議ですね!!

 

血種が出来ていた

無事に分娩が終わったと思ったんですが病室に戻ると異変が…

 

  • 震えが止まらないくらい寒い
  • 会陰が痛い
  • 出血が多い気がする

 

助産師さんに伝えると、

赤ちゃんがお腹の中からいなくなったので寒く感じるかもしれませんね。

会陰も縫合したばっかりなので痛いと思いますよ。

 

って感じだったんですけどしばらくしてやっぱりもう一度診察してもらうことになりまして、そこで血種ができていたことが分かりました。

 

《血腫とは》

私の場合は促進剤でお産を急激に進めたことで、

産道に傷ができてしまってそこに血が溜まったそうです。

 

溜まった血を取り除いてもらって寒さや会陰の痛みは全くなくなりました!

 

しかし、移動しようとしたときに一瞬だけ気を失ったり何が起きてるのか分からないまま手術を受けたりしてめちゃめちゃ恐ろしかったです!!!

 

産後の入院生活

産後1日目は低血圧と貧血でふらふらで赤ちゃんに会いに行くことも出来ませんでした。

 

血腫のせいで会陰の腫れもひどくて、トイレやシャワーがそれはそれは痛かったです。

 

「この生活はいつまで続くんだろ( ˙-˙ )」

 

と思ってたんですけど意外と回復が早くて、4日後退院するときには普通にたたたっと歩けるようになってました!!

 

《出産を終えてみて》

「もう二度と無理!!」とすぐに思いました。笑

 

でも痛みにめっぽう弱い私にも耐えることができて、むしろ"痛みに強いんですねー"なんて言われたなあと思い出したりして。

 

出産から少し経ったいま、あれもうひとりいけるんじゃないかななんて思ったりもします!

 

十月十日苦しんだことも忘れちゃうくらい我が子が可愛くて仕方ないです^_^

 

さいごに

妊娠出産はとてもハードモードでしたが、無事に生まれてきてくれて本当に良かったです!!

 

そしてここから大変な日々が始まっていくと覚悟して、頑張っていきたいなと思います!!